印判手 染付雲龍文 七寸皿

印判手の染付七寸イゲ皿です。
イゲ皿とは
主に大正時代に製造された印判手の皿の総称で
縁がギザギザになり、鉄釉で着色されているのが特徴です。

その精緻な図柄は
文明開化後の日本の技術とセンスが
昇華したものともいえ
大量生産の雑器ではありますが
日本独特の美意識や世界観を感じさせる器だと思います。

この時代は有田や美濃、その他の地域でも磁器が生産されたため
膨大な図柄があり、
コレクターを魅了させるアイテムでもあります。

これは雲龍文という迫力ある図柄の七寸皿。
裏描きもあり、明治の皿の雰囲気を残しています。

濃い藍の発色も美しく、伝統的な紋様を
モダンな雰囲気にまでつきつめてあるような気がします。

コレクターさんの放出品です。

古い時代の雑器ですので
高台あたりには時代経過や使用によるスレ、
あたり、高台のわずかなキズがございます。

おおらかな時代の息吹を
毎日の食卓でお楽しみください。



明治〜大正時代
 
高台にわずかなキズ

【サイズ】口径約21.7cm 高さ約2.5cm
販売価格 1,650円(税150円)
購入数


店舗ご案内

古道具かぐら
大阪府公安委員会 第621021900510号

〒550-0003
大阪市西区京町堀1-18-27
西船場ビル1F

*telephone.06-6441-1160
*facimile.06-6441-1161

◎レトロなビルの1階奥です。
オープン時には看板が入り口横に出ています

MAPは
こちら

営業日案内

は休業日です

*open.月曜〜金曜 13時〜18時

◎不定休につき、ご来店前にご連絡いただけると幸いです