東大寺 良辨杉古材香合 東大寺堀池春峰箱書付

「この香合は伊勢湾台風で倒れた良弁杉の古材をもって造った」……

昭和丙午(1966)年に東大寺小綱を務めていた
堀池春峰氏がしたためた箱書があります。

お水取りで有名な、東大寺二月堂の前にある「良弁杉」。
初代は樹齢600年、高さ7丈(約21.2 メートル)の巨木であったといいますが
台風で倒れ、現在二月堂の前にそびえる良弁杉は四代目にあたるそうです。

伊勢湾台風は1961年。
この香合に使用されている良弁杉古材は
その際に倒れたものだということです。
初代は飛鳥時代、
この香合は二代もしくは三代目ということになるのでしょうか?


良弁杉は、
東大寺を開山した初代別当・良弁が2歳のとき、
大ワシにさらわれ、木の上に置き去りにされたという伝説を持つ杉。
人形浄瑠璃などで舞台化もされ、
古代のロマンにあふれた日本を代表する古木のひとつと言えます。


中は金に塗られ、外は絶妙な枯れ具合。
大ぶりな箱型は
流石の風格を醸し出しています。

貴重なものであり、とても風雅なものです。
茶道をたしなむ方はもちろん
古材フェチの方にもご満足いただける
見どころ多き品だと思います。

【サイズ】約7.2×8.5cm、高さ約3.4cm

◆ 堀池春峰(ほりいけ しゅんぽう)
 東大寺の会計職「小綱」(しょうこう)を代々、務めてきた
 堀池家に長男として生まれる。東大寺の僧、職員、仏教学者、
 古文書研究者、大学教授として活躍。東大寺史研究所長を務める。
 (1918年生 - 2001年没)

販売価格 0円(内税)

SOLD OUT

店舗ご案内

古道具かぐら
大阪府公安委員会 第621021900510号

〒550-0003
大阪市西区京町堀1-18-27
西船場ビル1F

*telephone.06-6441-1160
*facimile.06-6441-1161

◎レトロなビルの1階奥です。
オープン時には看板が入り口横に出ています

MAPは
こちら

営業日案内

は休業日です

*open.月曜〜金曜 13時〜18時

◎不定休につき、ご来店前にご連絡いただけると幸いです